カートをみる マイページへログイン お買物の流れ、送料、お支払方法 お客様の声 サイトマップ
RSS

九州の大雨の影響で一部地域でお品物のお届けの遅れが発生しています。
再利用段ボール箱ご使用希望のお客様 お買い上げ金額3千円以上100円引き!!
二千円以上ご購入のお客様 送料半額!10月、11月限定

2009年バケツ稲栽培

白鷺の群れ (古賀農園の水田 09年7月5日)

2009年7月6日
 無農薬で、苺、米、麦、野菜などを栽培されている古賀農園より稲の苗をわけて頂き、バケツの水田に田植をしました。
 肥料として米ぬかと小麦ふすまを混ぜ込みました。

古賀農園から頂いた稲の苗





バケツ水田に田植しました!
2009年7月30日
 気が付いたら一か月近く更新していませんでした。と言うのは、バケツ水田に田植えした稲の苗がほとんど枯れかかっていて、このバケツ稲栽培記録を中止せざる得ないかな、という状態だったのです。
 原因は肥料として混ぜ込んだ米ぬかの量が多くて、富栄養状態だったようです。
 水が悪臭を放ち、稲の苗が枯れたときのような茶色に変色してきたので、毎日2回水を取り換えていたら、右の写真のように、復活しました!
 しかしまだ、水面に油が浮いたように光っている時があるので、もうしばらくこまめな水の取り換えをする予定です。


稲の苗が復活しました!


2009年8月12日
 ひょろひょろしていた苗が、※「分けつ」が始まり急に株が大きくなってきています。
 苗の高さは40cm前後で、一番高いのは45cmに成長しています。
 やはり心配なのは日照時間です。一時枯れかけて成長が遅れているので、無事成長するのか、心配しています。
※分けつ
根元から新しい茎が出てきて、さらにここからまた新たな茎が出てきて、大きな株になる事
補充用の苗が出穂、開花
「分けつ」が始まったバケツ栽培の稲


2009年8月17日
 分けつには、稲穂に実が入る有効分けつと、実が入らない無効分けつがあるそうです。通常の水田では、有効分けつにするために、一時水田から水を抜いて、干す「中干し」をするそうです。
 と言うことで、バケツ水田も、今日水を抜いて「中干し」をしています。今週は天気が良いようなので、しっかり干せそうです。
 稲の高さは40cm〜55cmに成長していました。
中干し中にバケツ稲


2009年9月4日
 朝や夕方、夜は気温が下がり過ごしやすい日が続いています。しかし昼は30度を超し残暑が厳しいです。
 今日の朝、稲の茎の間から青い穂が出ていました。出穂が近いようです。
 分けつも進み、下の写真のように株が大きくなっています。高さは75cm〜85cmに成長しています。

分けつが進み株が大きくなっています。




出穂がもうすぐ!


 ところで、この稲の品種を確認しないまま育てていますが、品種は何のでしょうか?


2009年9月5日
午前6時
今日の朝、出穂していました。
午後2時
開花しました!
補充用の苗のその後の様子
090905shuppokaika.jpg
2009年9月11日
 右の写真のように、沢山稲の穂がでてきています。
 しかし、下の写真のように、稲の葉のあちこちが黒ずみ、枯れていきます。病気なのでしょうか?それとも栄養が足りないのかな? 

稲の葉が黒ずんで、枯れています。病気かな?

稲の穂が沢山出てきています。


2009年9月23日
 右の写真の様に沢山穂が出てきて、実が充実してきているようで、穂が垂れてきています。
 穂先が下の写真の様に黒っぽくなってきています。数日前に、この稲の苗を頂いた古賀農園さんに確認したところ、この稲は黒米だそうです。

穂先が黒っぽくなってきています。


稲穂が沢山出てきて、穂が垂れてきています。


2009年10月14日
 そろそろ稲刈り前の水抜きの時期だとアドバイスを受けたので、水をやるのを中止し、1週間ほど水を抜いてから稲刈りです。
 通常のうるち米の稲穂は黄色っぽい色になるけど、この黒米は全体的に白っぽい色をしています。
 すこし「いもち病」が入っているようだと言われたけど、特別大きな病虫害の被害もなく、ここまで大きくなりました!

黒米の稲穂は白っぽいです。
バケツ栽培の稲 稲刈り間近!
稲k刈り前に水を抜きます。

2009年10月20日
 昨日の夕方稲刈りをしました!

 刈り取った後の株を見てみると、黒米なので濃い赤紫色をしています。

 刈り取った稲穂は束にしてさかさまに干しています。

 1週間程干して次は「モミすり」です。
バケツ水田の黒米の稲刈りをしました!

ページトップへ