時々日記

時どき日記

     
通販(ネットショップ)
過去の日記 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
2019年1月


2019年2月16日(土) くもり
【訳あり】無農薬いちごの販売開始!

【訳あり】無農薬いちごの販売を開始 【訳あり】無農薬いちごの販売を開始します。!

表面が黄色っぽくガサガサしていて固いイチゴです。
一見ギョッとし、食べるのを躊躇するような苺ですが、ギュ〜〜っと濃縮した苺の味を楽しめます。

この苺で美味しいジャムを作る事はできますが、色がとても悪く苺を連想させる赤い色ではなく赤っぽい茶色になります。

https://www.eyutaka.com/SHOP/kn-shw4.html

2019年2月11日(月) くもり
無農薬イチゴ畑にアブラムシ

無農薬苺畑にアブラムシ 無農薬イチゴ畑にアブラムシの被害が広がっています。
画像の苺のヘタについている黒い粒々がアブラムシ分泌物です。

「天敵で放している蜂のマミー(※1)が沢山見られるのでので、これから蜂の数が増えアブラムシの数を抑制してくれだろう」と生産者の奥さんが話されていました。

また、先週後半頃から無農薬苺の収量が激減していて、ご注文頂いてから発送までに4日前後あるいはそれ以上の日数がかかりそうです。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いします。m(__)m

※1
マミーとは、蜂に寄生されたアブラムシがミイラ化したもので、そのうち体内から小さな蜂が出てきます。

2019年1月28日(月) 晴れ
無農薬苺の樹が立ち上がってきています。

無農薬イチゴ 樹が立ち上がってきています。
無農薬栽培いちごは今季は野生動物の食害は無く、病虫害の被害も少なく順調かなと思っていたらスリップスが広がっているようです。

スリップスが花に着くと画像の様に苺の実が黄色っぽく、表面がガザガザで固くなります。味は濃縮した苺の味で美味しいです。

また、苺の樹が立ち上がってきていて、画像の様に茎が上方向に伸び株の成長を優先するようになります。

スリップスの広がり、そして苺の樹の立ち上がりこれらの現象は例年2月の中旬頃から始まるけど、今期の冬は暖かいようでもうすでに始まっています。

2019年1月3日(木) 晴れ
無農薬苺 まだ大きな病虫害は発生していません。

佐賀県産無農薬栽培いちご 無農薬栽培イチゴ 現在灰色かび病が少し発生しているけど大きな病虫害の発生はありません。

粒の大きさはそれ程大きくなく収穫量もまだ多くは無いけど、甘味が乗ってきて味が濃くなってきています。

野生動物の食害もまだ発生せず、今の状況が続いてほしいと祈るばかりです。(-人-;)

2019年1月1日(火) くもり
新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
m(__)m




このページのTOPへ
     
通販(ネットショップ)


Copyright (C) 2006豊な大地,All rights reserved. 無断転載、転用を禁じます。